査定サイトデメリット

どんな良いことでも、デメリットはあります。査定サイトにおいては、どうでしょうか。

まずは、多少の営業があるという事です。その会社にとっては顧客獲得のチャンス到来ですから、この場で断ったとしても、もしかしたらまだチャンスがあるかもしれないということで、メルマガ等が送られる場合があります。でも、無視しても大丈夫ですから、気にならない方はそのまま無視をしましょう。どうしても気になる場合は営業をやめてもらいましょう。連絡をすれば、すぐにやめてくれるはずです。

次に依頼したい会社が近くにないかもしれないという事です。不動産の営業をするのに必要な資格である宅建は日本全国に通用する国土交通省の認めた免許、都道府県知事が認めた免許の2種類がありまして、大体の不動産会社が1つの県にしか通用しない都道府県知事の免許しかないようです。そうなると、依頼したいと思われる会社が近くにないということがあります。この場合、すぐにお近くでなくても、車などで行かれる範囲の会社でしたら、実際に来てもらって査定もできます。特に地方ではこのようなことがありがちですが、地方こそ車社会ですので、車で不動産会社が来てくれるでしょう。

こういったことを踏まえた上で不動産売却査定サイトを活用することをお勧めいたします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket